高い化粧水は本当にそれだけの効果があるのか

定期的にポッと出てくる美容に関する疑問ですが、高い化粧水って本当に高い値段だけあって効果も高いのでしょうか。未だに解けていない疑問です。SKIIやポーラ、クレ・ド・ポーなど、とても高い化粧水やクリームなどを売っている人気ブランドがたくさんありますが、それと同時に1000円以下で変える化粧水もドラッグストアにたくさん置いてあります。それも、見てみるとヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸やセラミド、プラセンタなど、美容に効果的と言われている成分が配合されていると書いてあるものも溢れています。

結局高い化粧水と安い化粧水は何が違うのか、化粧品会社に勤めている内部の人にしか事情が分からないのでしょうね。一応化粧品会社で働いている友達を一人知っていますが、彼女の話によると化粧水一本にしても、その化粧水の値段には原材料費や宣伝費、開発費など、色々な項目に分かれている費用が含まれているようです。そしてどの化粧品会社の製品も、どれぐらいの費用をどの項目に使っているかは特に公開していないみたいです。でもそれが一番知りたいのですよね、私は。特にテレビで見かける高い化粧品の場合、広告費がほとんどではないかと疑ってしまう場合があります。