フリーランスエンジニアになることはできる

フリーランスのエンジニアといっても、いろいろあります。プログラマー、システムエンジニア、ウェブエンジニア、ITエンジニア、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアもあります。どれもIT用語が並んだ特別な仕事というイメージがありますが、多くの人は独学で学んだのではなく、仕事をしながらスキルを身に着けていった人たちが多く、試行錯誤を繰り返しながらスキルを高めています。若い人たちは、特にこうした分野で強い人たちが多く、フリーランスとして早くから活動する人たちがいます。

自分にはとても無理と思うでしょうか。確かにそんな肩書を得るような仕事をすることなどできないという気持ちになるかもしれませんが、実際には、現在そのような立場で仕事をしている人たちも、最初はそのように思っていた人がほとんどです。仕事を少しずつ覚えて成長していったのです。