既婚者の新しい出会いというと、必然的に家族と過ごす以外の時間という事になりますので職場や営業先というシチュエーションが多いのではないでしょうか。結婚をしていると家族と過ごす時間が増えますが、一般的には昼間は仕事をしていることになりますので勤務時間中に新しい出会いに遭遇することが多くなります。

異性との出会いが無くて刺激がない、という人の場合、既婚者でも出会い系アプリを使って交友関係を広めている人も多くいます。出会い系アプリではプロフィールや写真などを確認することが出来ますので、勤務先や自宅近くで会えそうな人との出会いはアプリで見つけている、という人は増加傾向にあります。

配偶者以外の異性との出会いを求める場合、ドキドキ感や話をする相手が欲しい、趣味に付き合ってほしいという理由も目立ちます。これは夫や妻との関係が冷え切っていたり上手く意思の疎通が出来ていない場合、出会いを外の求めてそこに喜びや楽しさを見出すパターンです。

職場での出会いはその職場の環境に大きく左右されます。毎日同じメンバーでかわりばえのしない環境では新しい出会いは見込めない、という人の多くはスマートフォンやパソコンで簡単に出会うことのできるアプリをつかって交友関係を広めています。

しかし、勤務先の規模が大きく人と知り合う機会が多かったり、営業先で新しい出会いがあるというパターンも少なくはありません。既婚者はプライベートな時間が独身時代に比べると取りにくくなりますので、お酒を飲みに行ったりデートをする相手に選ぶのは同じ社内や営業先の人にしたほうが合理的という事も出来ます。

これは男女ともに同じことが言えます。最近では共稼ぎの家庭が増えていますので、女性も男性と同じように新しい出会いを求めているケースがありますし、会社の上司や同僚、取引先の人が相手であれば悩みの相談などが出来ます。専業主婦の場合、出会いを求めて仕事を始めるという人も多いですので職場も新しい出会いの場所としては期待できるといえるでしょう。

私は、この前ママ友と遊びました。実は、うちには2人目が産まれて、女の子なのですが、以前から仲良くして貰っているママ友に、このたび初めて見てもらいに来たのです。

可愛いと言って貰えて、本当に久々に会うので、ウキウキしました。
そのママ友ですが、本当に若いときに出産していて、今は高校生の娘さんがいます。でも若いときに出産しているということもあって、私とは同世代なので、話も出来るし、あと子育ての事だったりも、色んなことを聞くことが出来たり、アドバイスを受けることが出来たり、また地域の情報交換、面白話をする事が出来て、とっても面白いです。
その日も、色んな話をして、最近の子供たちの状況だったり、地域のこと、また家のことなんかをとりとめもなく話して、要らないものを交換したりして、本当に楽しかったです。

自分と同じ状況のママ友と話すと、リラックスできて、大変な思いをして頑張っているのは自分だけじゃないんだ…と思えてきます。
元々、ママ友付き合いってマイナスなイメージしかなかったのですが、本当に気があう友達だとひたすら楽しいと実感した日でした。

お昼ごはんを食べてから数時間。満腹になるまで食べましたが、苦しかったお腹も程よく落ち着きました。空腹からは逃れられましたが、今度わたしを襲ってくるのは眠気。ひたすら眠い、うとうとしながら文章を打っています。このまま寝落ちてしまったら気持ちいいんだろうな~と思いつつ、まじめにパソコンに向かっているところです。自分を褒めてあげたい。

今週は前半に40℃近い高熱を出してしまい、仕事にならず、溜め込んでしまったので、今日精一杯頑張ろうと思います。今日頑張って、明日は1日のんびりしたいな~という考えなので、とりあえず今日中にやることは終わらせてしまわなければなりません。お昼寝なんてしている暇がないんです…。

とりあえずコンビニに行って、甘いものでも買ってきて、食べながらやろうと思います。糖分は元気の源!わたしの味方!ぶっ通しで徹夜する勢いでお仕事がんばります!わたし、あしたは死んだように眠るんだ…。(フラグ)

旦那と1歳になる娘と、近所の河川敷にある公園にピクニックに行きました。この公園はいつもボランティアの方が草花の手入れをしてくださっているので、その季節の花がきれいに咲いています。この日も色とりどりの花が美しく咲いていて、とても穏やかな気持ちになりました。朝早く起きて3人分のお弁当を作って持っていき、公園の芝生の上にシートを敷いて食べました。

大した物を作ったわけではありませんが、青空の下、豊かな自然の中で食べるお弁当はとてもおいしいと感じました。娘はまだ自分で食べられないので、ベビーカーに乗せたまま私と旦那が交代で食べさせますが、周りの様子が気になり食べることにあまり集中しません。ようやく食べ終わりシートの上に座らせると、すぐにハイハイして芝生の方に移動していきました。そして芝生の草をひたすら抜いています。

今まで娘は、公園で散歩させてもベビーカーから降ろすことはなかったのですが、この日初めてベビーカーから降ろしました。今はとにかく何にでも興味を示し、触ったり口に入れたりする時期なので、初めての芝生はとても新鮮なものだったと思います。この日のピクニックは、家族みんなの気分転換となり、娘にとっては新鮮な経験ができたとても有意義な時間でした。

まさか自分が不倫をするとは…

不倫をしている女性は、皆がこのように思っています。

しかし、不倫は狙ってするものではなく、気が付いたらその状態になっているものなのです。

不倫には「先が無い」と言われます。相手が、そして自分が既婚者であるということは、結婚と言う社会的契約を秘密裏に裏切っているということですから、不倫清算時には「悲しい結末」が待っていることがほとんどなのです。

しかし、既婚者であるにも関わらず出会いを求める人は後を絶ちません。

不倫は古代エジプトの時代からあったと言われており、結婚していても新たな出会いを求めてしまうのは、人間の本能とも言えるのでしょう。

とは言え、誰かを裏切っているということには変わりはありません。その秘密という状況に余計に「燃える」人も多くいるでしょうが、不倫のリスクはなかなかに大きいものです。

それを充分に頭に入れて、秘密の関係を楽しむようにしましょう。

そしてもしあなたが「こんな関係を清算したい」と悩んでいるのなら、自分の人生を破壊するリスクにずぶずぶと踏み込む前に、上手に関係性を解消するようにしてみてください。

子供の部活の保護者会がありました。年に1〜2日集まる会です。どうしても人が集まるところが苦手で勇気を100倍ふりしぼっての参加です。行ってみると、今まで顔馴染みの方や初対面の方がいらっしゃいました。

各自自由に座れる席があり、真ん中を避け端っこに座りました。やはり緊張感がとまらない。普段静かに過ごすことが多いので沢山のひとに慣れない。

司会の方が順調に進められ部活の今後の内容の案内などスムーズに進行しました。問題はその後です。終了後自由に井戸端会議みたいな雰囲気になるのです。何を話してよいか誰と話してよいかわからなくなります。すると、隣にいた人が話しかけてきました。

初対面ではないが、話すのは初めてです。いきなり、子供と2人暮らしですか?と聞かれました。違いますよ、子供と自分と祖父の4人暮らしですよ。と、答えました。

少し不愉快でした。あまり話したことのない人がどうして旦那がいないことを知ってるのかと。その後、自分には旦那がいると幸せアピールをされました。自分からはあまりシングルマザーだと公開したことはないのに、たいして仲良くもない人から指摘されるのは不愉快でした。少し傷を負った1日でした。

私はものすごく不倫したくてうずうずしていた時期がありました。完全に友達の影響ではありますが、かなり興味をもったのです。そしてやってしまいました。

きっかけは同窓会です。友達に同窓会があるからと誘われて、ホイホイついて行ったことがきっかけでした。久々に会ったクラスメイトの男性がとても素敵になっていて、しゃべっていたのです。そしたらそのまま帰り道に誘われてしまって、私はこの男性と飲みにいってLINEを交換して不倫をするようになりました。

相手はどうやら昔私に気があったらしいです。そのきっかけもあって、私はどんどん彼に入れ込んで行きました。でも本気になっていたわけではありません。相手は分かりませんが、私は火遊び的な認識でした。毎回会う時は気を付けていたので、普通にしていたらバレないはずだったのです。この不倫はまさかの変な方向からバレました。

私と彼が会っているときに丁度テレビの中継があったのです。そこで顔をバッチリ映され、その場面を夫に言いつけられて御用となりました。まさかそこからバレるなんて思っていなくて、本当にびっくりしました。うちではひと悶着ありましたが、なんとか本気じゃなかったと訴えて、許してもらえました。とてもホッとしていて、夫のおおらかさに感謝しています。

先日一人暮らしをしていた実の母が亡くなりました。67歳でした。
長期闘病中で亡くなったわけではなく、病気が発覚して入院後3週間というあっという間の出来事だったため、未だに信じられない自分がいます。亡くなる2日前までたくさん会話をしていて回復するのではないかと思われるほどでした。

亡くなってからは手続きなどの慌ただしい毎日でしたが、落ち着いてくると寂しくなることもしばしばありました。
ですが、寂しい気持ちも幾分落ち着いてきたので空き家となった実家を片付けることにしました。たまに母に会いに実家に来るたびに気にはなっていたのですが、洋服が山のように出てきました。各部屋のタンスの中、プラスチックケースの中などに。
また、ビニール袋や紙袋、ポケットティッシュ、頂き物の食器などもいつか使う時が来るからととっておいたのでしょう。綺麗な状態でとってありました。驚いたのは飲まずにとっておいた薬。どれだけ医療費を無駄にしていたの…と呆れました。

母に限ったことではないと思います。いつか使うかもしれないとつい溜め込んでしまうんですよね。ただ置いておいても使わないものは使わない。困るのは遺品を整理する家族たちなんです。母の遺品整理が片付いたら、自分の周りを見回して思い切って私も断捨離しよう…そう心に決めました。

私は特に疲れている時は思考がネガティブになってしまうことがあります。
これは良くない癖なので直したいと思っています。

日々の生活の中で嫌なことがあってもなるべく早めにストレスを解消して、溜め込まないように気をつけています。
しかし、場合によっては夢の内容が良くないことがあり、それが朝起きても残ってしまうことがあります。

私の夢見が悪い原因はトイレを我慢しながら寝ていることのようです。
なので、できるだけ夜中にトイレに行かなくて済むように、就寝前は水分補給を控えるようにしています。

ですが、先日ある本に就寝前にホットミルクを飲むと、寝つきが良くなるということが書いてあったので、早速試してみることにしました。
確かにぐっすりと眠ることができたのですが、その分水分補給が多くなってしまい、トイレの回数が増えてしまいました。

通常は1回程度で済むのですが、この時は2回も起きてしまいました。
私はトイレが近い方で、起きている時も何度もトイレに行きます。

ですが、水分を取らないのも良くないので、これからは就寝前だけ気をつけて水分補給を減らそうと思っています。

自分の好きな仕事を頑張っていく事で最適な時間等を自分で愉しんでいく事ができます。素敵な仕事は普段から継続の中で行っていく事が重要な事となるのです。50歳と言えば人生の中ではキャリアの集大成を迎える時期です。

このような時期に転職を行っていく人材は限られた人材となります。普段から好きな仕事をする中で培ってきた高い専門性等を活かして自分らしい仕事をする事でより素敵な自分になる事ができます。50歳を超えても必要とされる人材とはやはり高度な専門性と同時に高い人間力を誇る人間です。

そのような人間には多くの方が仕事や組織のマネジメントを依頼するような場合が多いのです。加齢と共にどんどん自分の素敵なキャリアを愉しんでいく事が成功する大変重要な戦略となるのです。素晴らしい仕事をする事で自分の人間力を高める事が重要な事となるのです。マネジメントは自分の高い専門性を活かして最適なマネジメントをする事が重要な意味を持つのです。普段の自分をもっと素敵なものとする事でより素晴らしい自分で多くの方から愛される人間となる事ができるのです。